お知らせ

⛅ 農作はじめました🌱

2017.05.06 | キンダーホーム保育スタッフ

4月中旬に埼玉県戸田市にある貸し農園の区画を、園で年契約しました。

 

4月30日にあいら先生と農園へ行き、農園の方にサポートをしていただきながら、区画を整備してきました。小規模ながらも、あいら先生と2人で4時間かけて土台作りをしてきました。

 

翌5月1日には皆で農園へ行く為に、バギーを持ち込んで(事前に鉄道の窓口へ持ち込みの確認済み)、総勢22名ではじめての電車移動をしました。車内では、同乗していた海外の方との短い交流なども楽しみながら、きちんとルールを守って、スムーズに行動できました。

 

電車を降りて、戸田駅からは、線路沿いに真っ直ぐ歩き5分ほどで農園に到着します。

「ここがキンダーの畑だよ!」と、あいら先生の話しを聞く皆は真剣。畑のこと、育てる野菜のことをよく聞き、前日中に用意していた畝に、キュウリ、トマト、さつまいもの苗を植えました。枝豆の種を植える区画の畝を子どもたちの手で耕し、普段触れる土とは違う、作物を育てるふかふかの土にも触れました。

 

植え終わり、水やりも終えて、広場へ移動して、青空の下でお弁当を食べました(^o^)ノ


午後から雨の予報で、天気の急変が心配でしたが、今回、外に出ている間はほとんど雨は降らず、天気にはとても恵まれた一日となりました。

お弁当を食べ終わり、13:00頃まで広場でた~っぷり遊び、電車に乗り、園へ戻りました。

 

5月2日には枝豆の定植を行い、区画内の畝すべての定植が完了しました。

🌱5月2日🌱

 

次回農園へ出かける日程は、5月17日(水)を予定しています。その間は、農園の方にサポートをいただきながら、管理いたします。

5月6日、農園の様子を見て来ました。大きさの比較まではまだ難しいですが、元気に太陽に背を伸ばしています。

🌱5月6日🌱

 

 

下の動画は、皆で農園へ行った午後、園内のリトミックの様子です。

手遊び歌のちいさなにわ🌱を歌っています。子どもたちが好きな歌で、以前からよく歌っていましたが、この日の小さな庭を耕す子どもたちは、力強く畑を耕す様子がよく表現できていました。私とあいら先生は、この前日に畝作りをしましたが、土にクワを入れて、作物を育てる土を作る作業が、こんなにも大変だという事を実感したばかりでしたが、子どもたちにも、その思いが伝わっているといいです。

 

今回の取り組みについて、ご理解とご協力をいただきました保護者の皆さま、この場で改めて御礼申し上げます。有難うございました。

 

そして、企画から今日まで、子どもたちと先生の笑顔の為にと、力尽くしてくれたあいら先生、広い視野で子どもたちを守ってくれた全ての先生、本当に有難うございました。

 

株式会社kinder space

代表取締役 鈴木 佳奈子

🌸四月🌸

2017.04.26 | キンダーホーム保育スタッフ

🌸四月🌸

 

急に春らしくなり、初夏の陽気の日もつづき、園内では半そで短パンの子どもたちも増えてきて、ちょっと早めに夏を先取りしています。

暖かくなり、園外のお散歩の回数も冬季は午前中に一度でしたが、午睡後にも外に出るようになりました。3時のおやつは青空の下で、暖かい風に吹かれながらいただきます。

今月からお散歩コースに加わった、池袋の森公園は、おたまじゃくしやエビの住む池や、ビワの木や季節の花が植えてあり、都心では貴重な土や草木に触れられる場所で、子どもたちにはすっかり人気のお散歩コースになりました。

 

池の中をのぞき込んだり、こんもり盛られた土の上に立ったり、木の枝や草をかき分けて進んだり、子どもたちにとってはちょっとした冒険で、とても楽しそうです。せっかく新しい場所を見付けたので、虫取り網や虫かごなどを揃えて、「楽しいこと」を探索中です。

 

これからの時期、日照時間も長くなり、園外へのお散歩の時間帯や、水分補給や健康面にも十分配慮しながら、行っていきたいと思います。

 

5月は遠足などの企画が山盛りで、企画と準備に忙しい時もありますが、何より、子どもたちと先生が穏やかな時間を過ごしている様子は、私にとっても大きな原動力です。5月もいっぱい楽しもうー🐸

 

株式会社kinder space

代表取締役 鈴木 佳奈子

第三回 卒園式

2017.03.31 | キンダーホーム保育スタッフ

3月31日

卒園式の日を迎えました。いよいよ、お別れの日となりました。
認可保育園への入園が決まった子、幼稚園へ行く子、小学校へ行く子。14名の子どもたちの新しい門出を祝いました。

 

卒園式の日の給食は、あいら先生手作りのお弁当です。園内にシートをしき、お弁当を並べて、大きな声で「いただきます!」と手を合わせて、先生たちも一緒に、みんなでいただきました。食べながら、「みんなで食べると美味しいね」と卒園児がぽつり。そんな真っすぐな言葉が聞けた事がとても嬉しかったです。

 

式がはじまると、一ヵ月朝の会の時に練習した挨拶も、お歌も、これまでで一番おおきな声で、かっこいい姿を、先生たちや、卒園児を見送ってくれるお友だちに見せてくれました。

 

おやつの時間には、桜色のケーキをいただきました。お別れを悲しむ気持ちも、人との出会い、新しい環境への期待、新緑芽吹く季節の訪れを知らせてくれる「桜色」のケーキはとっても甘くて美味しかったです(^o^)

 

式も終わり、みんなで過ごせる最後の時間は、季節の行事の時に歌ったうたや、あいら先生とさつき先生が作ってくれた歌をみんなで歌い、楽しい音と一緒に、式を終えました。

 

お別れの時は、必ず訪れると分かっていても、やはり寂しく、子どもたちとのたくさんの思い出を振り返ると、こみ上げる思いもあります。

 

「ここで過ごした事、一緒に遊んで笑って、時にはケンカして泣いて怒った事、みんなの記憶に残ったでしょうか。」先生のその答え合わせが出来る時は、少し先になりますが、記憶を辿ってここに着いた時も、笑い声で溢れる園でありたいと、そう改めて思った日でした。

 

出会えたすべての方々へ感謝し、新しい環境へ飛び立つ子どもたちに、たくさんの幸せが訪れますように、願っております。

 

🌸祝辞

 

🌸カラフル虹色どんな色

 

平成29年3月31日
株式会社kinder space
代表取締役 鈴木 佳奈子

雪解け春間近🌸

2017.03.14 | キンダーホーム保育スタッフ

園内の壁面の雪だるまさんが桜に入れ替わり、まだ寒い日は続きそうですが、いよいよ春間近という気持ちです。

お天気のいい日には、子どもたちと外に出掛けます。

タイヤのぶらんこがある公園に行くまでの道には、工事中のうさぎさんの看板がズラ~と立っているのですが、通る度に子どもたちは「うさぎさ~ん!!(^^)」と大興奮。

うさぎさんに見守られながら、公園までの道も楽しみます(^o^)🎶

公園に着くと、くねくねのすべり台や、タイヤのぶらんこ、広場で走ったりシャボン玉をしたり、異年齢の子ども達が混ざりながらでも楽しめる事を、みんなで楽しみます。

追いかけっこするお姉さん達を見て、一緒に走り出す子や、隠れんぼするお兄さんを見て、木の後ろに隠れて真似っこする子、様々な姿が見られます。

年齢は異なっても、子ども達同士でいろいろな遊びを生み出していく様子を見ていると、混合保育の楽しさに改めて気付かされます。

 

そして園内では、31日の卒園式の練習が毎日おこなわれています。

去年のこの時期、卒園していくお友だちの後ろに立って練習していた子も、この春、卒園します。

お別れはどうしても寂しいものですが、皆で遊んで笑って思い出を一緒に作れる時間を、大切に過ごしていきたいと思っています。

 

今年の一月から訪問させていただいている、西池袋のデイサービスの施設訪問も、定期的におこなっております。

最初は緊張して先生の後ろに隠れていた子ども達も、今ではすっかり慣れて、積極的におじいちゃん おばあちゃんとの交流を楽しんでいる様子です。

 

3月31日は卒園式。いよいよ春を迎えます。

 

株式会社kinder space

代表取締役 鈴木 佳奈子

3月3日 ひなまつり🎎

2017.03.03 | キンダーホーム保育スタッフ

3月3日の今日は三度目のひなまつりでした。

園入り口に飾られたおひな飾りは、子どもたちが制作したものです。色とりどり、とても華やかです(^o^)

 

今日主役の女の子たちは、あいら先生手作りの人魚姫の衣装を着て、撮影をおこないました。

 

メイクもばっちり、髪の毛もセットした姿を鏡で見ると、みんなちょっぴりお姉さんになってすまし顔(^o^)🌸

 

撮影中は緊張して固まってしまう子、のりのりでポーズを見せてくれる子、身に着ける衣装に興味深々の子とさまざまな様子が見られましたが、それぞれの一番女の子らしいお顔を写真におさめる事が出来ました(^_-)💕

衣装に興味津々です✨

にっこりポーズがとってもかわいい💕

写真は保護者さまへお渡ししました。

当日ご協力いただきました保護者さま、有難うございました。

 

撮影が終わり午睡後、2月中、朝の会で歌ってきた園オリジナルの「ひな祭りのうた」を歌い、先生が一人ずつ歌や絵本の読み聞かせをして、一年に一度のひな祭りのイベントをめいいっぱい楽しみました(^o^)

そして、お祭りの最後は、今イベントもあいら先生の手作りケーキの登場。

おおきいケーキも、ペロリと完食でした。

ごちそうさまでした(^o^)🌸

 

株式会社kinder space

代表取締役 鈴木 佳奈子

Copyright(c) 株式会社 Kinder space All Rights Reserved.

ページの先頭へ