ブログ

9月6日 お散歩~巨大きのこ発見🍄!?~

2016.09.06 | キンダーホーム保育スタッフ

今日は久しぶりに快晴に恵まれたので、近くの公園へお散歩へ(^^ゞ

P9060621

P9060623

P9060628

P9060630

「できたよ~(^O^)先生みてみて~♪」

P9060632

P9060635

「先生っ!きのこ!(゜o゜;)」

P9060639

P9060638

 

株式会社kinder space

代表取締役 鈴木 佳奈子

9月1日🐡サンシャイン水族館~開園二周年記念遠足~

2016.09.01 | キンダーホーム保育スタッフ

本日9月1日!キンダーホーム池袋園、開園二周年を迎えました(^^♪

 

開園記念にサンシャイン水族館へ遠足に行きました🐡~

P9010471

P9010481

バス組と歩き組に分かれて、園を出てしゅっぱ~つ!!(^O^)

 

子ども達のあたまには、あいら先生がキンダーの子ども達をイメージして描いてくれた『虹』と「ひまわり」の帽子(*^^)v 道ですれ違う方に、「可愛いね~(^O^)」とたくさんのお声掛けをいただきました。

 

ニコニコで出発して、サンシャインに到着するまで、お外でのお約束を守って、元気いっぱいにお日さまの下を歩いて、、

 

水族館とうちゃーく!!(^^♪

P9010522

『おさかなさんがキラキラだ~☆』とお話ししてくれる子ども達の目もキラキラです\(^o^)/

P9010498

P9010502

P9010525

P9010528

P9010532

 

アシカショー『アシカのテティスとパフォーマンス学校』を観ました(^^♪

音楽が流れると、手拍子する子、体を動かす子、お話しと音楽に合わせて動くアシカを真剣に見入っていました(*^^)v

Point Blur_20160907_115901

 

お昼ごはんもサンシャインの館内の施設を借りて、毎度の定番となっている、あいら先生手作りのお弁当を食べました\(^o^)/

P9010588

P9010591

みーんなで完食!!ごちそうさまでした(^O^)

 

遠足から園にもどると、、

P9010604

次回イベントの告知が!!(・o・)

 

🐡~🐡~🐡~🐡~🐡~

今回の遠足のため、登園時間に協力いただいた保護者の皆さま、御礼申し上げます。有難うございました。

 

本日開園二周年を迎えました。

「もう二年」と、振り返ると本当に、あっという間の二年でした。

空っぽの空間に、保育所を作り、作った空間でたくさんの笑顔と出会えた事が何よりも嬉しいことです。

 

認可外の保育所といえば、連日問題視され、問題視される内容の中には、保育の質の低下などが挙げられる現実があります。

 

こちらのブログでも何度となく書いてきましたが、ただ『預かるだけの保育』はしたくない、「やっぱり認可外だから」と、見られてしまう保育はしたくないと考えています。

 

外にお散歩したい、遠足にも行きたい、子ども達の園での様子を保護者の皆さまに見てもらいたい、イベントをめいっぱい皆で楽しみたい。

 

望む事すべてを現実にする事は、どうしても難しい時もありますが、可能性を探って、望むことの多くを実現する事ができています。

 

それは、当園の方針にご理解いただく保護者さまのご協力や、子ども達の優しさやたくましさであったり、もちろん、先生たちや、地域の方の助けがあってこそ、実現できた事です。

 

当園を利用していただいた保護者さまから、「ここに通えて良かった」『こんな保育園はない!』と言ってもらえる事が、とても嬉しく、保育をする上での大きな原動力となります。

 

来年、三歳になる当園。盛大にお祝いできるよう、この一年、さらに飛躍し、挑戦しつづけていきます。

 

 

株式会社kinder space

代表取締役 鈴木 佳奈子

 

夏休みもいよいよ終盤…

2016.08.16 | キンダーホーム保育スタッフ

夏休みもいよいよ終盤です。

P8050508

P8050510

猛暑つづきましたが、暑さに負けない子どもたち!たくましいです( ^^)

P8050521

P8050527

P8050526

 

今月から、先生のすすめで、InstagramとTwitterをはじめました。

 

使いこなすまで、しばし時間が掛かりそうですが、子どもたちの園内の様子を、リアルタイムで伝えていきたいので、先生たちに指導受けながら、使いこなしていきたいと思っています(^-^;

 

また、問い合わせに多いリトミックについても、どのような内容のリトミックを実施しているのか伝わり易いように、近日中に詳細を更新します。

 

☆☆☆

 

夕方以降の夜間も、子どもたちは元気い~っぱい!

P8110836

P8060606

第二回🌻夏まつり🌻

2016.08.08 | キンダーホーム保育スタッフ

本日8月8日は、園内で夏祭りを開催しました(^O^)

 

P8080644

P8080698

P8080696

P8080697

当園が迎える二度目の夏、昨年とは違う事をしたい、今年の夏祭りは、もっともっと熱いものにしたい!という先生たちの熱意により、一日限定の海の家が園内に出現しました\(^o^)/

 

キンダーホームの一日限定海の家では、

🌻流しそうめん

🌻かき氷

🌻焼きそば

🌻さつまいもスティック

🌻ヨーヨー

🌻射的

が用意され、毎日のリトミックの様子も、保護者さまに見ていただきました(^O^)

 

P8080713

八百屋さん手作りの流しそうめん台(^O^)参加していただいた保護者さまにも大好評でした。流れるトマト、流れるきゅうり・・手に取って、次々にパクパクと、みんな美味しいお顔になっていました(*^^)v

P8080748

P8080763

P8080753

毎日のリトミックの風景も、保護者さまに見ていただけました♪園で歌ううたは、お家に帰っても歌ってくれる子も多く、「この歌だったんだ~^^」と、保護者さまの声も聴けて良かったです(^^♪

 

フィナーレには湘南乃風の炎天夏を、子どもたちと先生みんなで歌い、タオルを振り回して、あついあつい夏祭りを笑顔で締めくくりました\(^o^)/

 

🌻🌻🌻🌻🌻

 

夏祭り開催を二カ月前から告知し、在園児の他、たくさんの卒園児も顔を見せに来てくれました。

 

また、夏祭りに参加いただいた保護者さまからは、たくさんの「ありがとうございます^^」の言葉を掛けていただきました。

 

お仕事や家庭の事に忙しい時に、園のイベントの開催に賛同いただけた事が何よりの感謝でございます。

 

ありがとうございました。

 

 

株式会社kinderspace

代表取締役 鈴木 佳奈子

認可外の保育所だから出来ること。

2016.07.31 | キンダーホーム保育スタッフ

「当保育所は、児童福祉法第35条の許可を受けていない保育施設(認可外保育施設・ベビーホテル)として、同法第59条に基づき、東京都への設置届け出を義務付けられた施設です。」

 

上記の文言は当サイトの施設紹介に記載しているものです。

 

当園の母体は株式会社kinder spaceであり、24時間運営の保育施設であることを明記しています。

 

昨今、匿名のブログにより配信された内容が波紋拡大し、多くのメディアでも、認可外保育施設が取り上げられ、今もなお、「待機児童問題」は連日、話題の中心にあります。

 

待機児童問題をいかに解消するか。その方針の重要性が問われています。

 

私自身、当保育所の開設にあたり、多くの高い壁にぶつかりました。

 

まず一つ目は、立地条件。

 

保育所を開設する地域や立地は最重要であり、一番悩まされたところです。

 

当保育所のある池袋は、8路線が乗り入れるターミナル駅であり、多くの人が集まる副都心です。その反面で、少子高齢化が進み、2040年時点に20~39歳の女性人口が半減する自治体、いわゆる「消滅可能都市」であると予測されています。東京23区内の中で、一人当たりの公園面積が一番狭いのも、ここ池袋です。

 

多くの利点もあれば、多少の欠点はやむを得ないこと。保育所の開所後に利用される保護者さまや、通勤する従業員の便の良さに重点を置き、池袋駅から徒歩5分の立地に当保育所はあります。

 

電車の便が良いことや、「駅近」の保育所ということもあり、当保育所の利用者さまは、区外、県外と、広範囲から当保育所を選んでいただいております。

 

ここで、利便性を最優先したことにより生じた不便もあります。

 

当保育所はビルのワンフロアを使用し保育をしています。

 

施設規模は100㎡、定員は25名です。

 

室内は日当たり良く、風も吹き抜ける気持ちのいい環境があり、室内は常に清潔であるように、毎日の掃除、消毒を欠かさず行っていますので、よい室内環境の中で保育の質も保てているものの、

 

土の香りのする園庭がある訳ではなく、外気を浴びて、十分に走れるスペースが確保されている訳でもありません。

 

「認可外だから」「24時間の保育所だから」と、認可外であることや、十分な保育環境のない場所だからと言う理由で、諦めてしまう事もできます。

 

いわゆる、「預かるだけの保育」を実施することで、園を作り上げてしまう事の方が簡単でした。

 

先にお話しした昨今の待機児童問題により、「せめて預かってさえもらえれば…」と、焦る保護者さまも多く見受けます。

 

産休期間はもうすぐ終わってしまうというのに保育所に入れない、待機といっても、期間の見えない「待機」を選択せざる得なく、不安を抱える保護者さまの気持ちを察すると、「せめて」預かってさえもらえれば、という心情も十分に理解できます。

 

当保育所でも、保育室の規模から定員は決められており、お問合せをいただいても、その全てのお子さまを受け入れる事が出来ないのが現状です。

 

ただし、当保育所でお子さまをお預かりする以上、預かるだけの保育はしないと約束しています。

 

園庭が無ければ、子どもたちが走り回れる広場に遊びに行けばいい。

 

園庭が無くて、砂場がなければ、限られたスペースを活用して、砂場を作ってしまえばいい。

 

すべての年齢が一つの空間に居るからこそ、皆でリトミックの時間も楽しみたい。

 

数字を学ばせたい、ひらがなも、英語も。

 

夏祭りがしたい、流しそうめんをしたい、スイカ割りがしたい。

 

出せばキリがないほど、これまで多くの案が上げられ、実現してきました。

 

認可外の保育施設だから、ビルの一室だから、と型に収まることばかり考えずに、楽しめばいい、何より、子どもたちの笑顔が見たい、子どもの笑顔を見て保護者さまにも喜んでもらいたい。そう願っています。

 

「あれがしたい」「これがしたい」という子どもたちや従業員の声は、できる限り実行したいと考えています。

 

「こんな保育所は他にない!」そう思ってもらい、子どもたちだけではなく、保護者さまも、従業員も、皆の記憶に残ることをしたいという、その思いに賛同して、協力して下さる地域の方々にも、日々助けられています。

 

大切な時期にお預かりするからこそ、一人ひとりの個性をよく理解し、健やかな成長の手助けが出来ればと考えています。

 

丈夫な体を作り、強く優しい心を育むことを大切に、日々の保育に励んでいます。

 

 

株式会社kinder space

代表取締役 鈴木 佳奈子

Copyright(c) 株式会社 Kinder space All Rights Reserved.

ページの先頭へ